男性の更年期障害はテストステロンという男性ホルモンが少ないことで引き起こされます。規則正しい生活習慣で予防が出来るものです。もし更年期障害となった場合にはホルモン注射で治療が可能です。副作用が懸念されるときには、別の治療法もあります。

女性だけでなく男性も起こりうる更年期障害は、専門に診療するメンズクリニックも増えてきて、広く認知されるようになっています。うつ病やメタボから脱却できない方がいたら、テストステロンの減少を考えて専門機関にかかりましょう。

更年期障害は、閉経前後の女性に多いといわれていますが、男性にも更年期障害はあります。男性ホルモンの減少などが原因で発生します。改善するためにストレスを貯めないようにしましょう。

沢山の薬

女性だけではない

女性におすすめ!更年期は漢方で症状を改善することができます。また月経異常やイライラしやすい人にも効き目があります。

辛い症状をしっかりと抑えたいなら通販などでも購入できる更年期サプリメントを利用してみましょう。値段も低価格だから続けられます。

オレンジのサプリ

更年期障害というと、閉経前後の女性に多い症状として知られており、この時期になると女性ホルモンの分泌が急激に減少していくので、体や心に様々な変化をもたらします。そして更年期障害は女性特有の症状というイメージもありますが、実は男性にもある症状です。女性の閉経のときのような急激な変化は男性にはありませんが、やはり男性も加齢とともに男性ホルモンであるテストステロンが減少していきます。男性ホルモンの低下でよく知られる症状としてはEDが有名ですが、性機能の低下だけではなく、更年期障害になるとテストステロンの減少に伴い、筋肉量も低下し、疲れやすくなりますし、内臓脂肪もつきやすくなり、肥満や生活習慣病のリスクも高まります。

男性の更年期障害では、心にも不調が現れる場合があります。テストステロンはストレスの軽減や良い睡眠を得るのに役立つものですが、それが低下することで、イライラしやすくなる、気持ちが沈む、よく眠れないなどの症状も出てきます。 男性更年期の症状がつらい場合は治療も検討されますが、女性のように専門の外来はまだそれほど多くはありません。それゆえにEDの症状がある場合は泌尿器科にいく、精神的な症状がつらい場合は心療内科に行くなどでそれぞれの症状に合う医療機関を選んでいきましょう。 治療方法は女性と同じようにホルモン補充療法が行われる場合もありますし、そのほかにも漢方で対応することもあります。EDの症状の場合はED治療薬が処方されることもあります。