更年期障害

スーツ姿の外国人男性

更年期障害と言えば、閉経前後の女性が発症する女性特有の症状と思われがちですが、近年では男性でも更年期障害を発症することがわかっています。 女性の場合、閉経前後になると女性ホルモンが急激に減少することで体全体のホルモンのバランスが崩れて身体的症状や精神的症状など様々な不調が表れますが、男性も同様に加齢によって男性ホルモンが徐々に低下していき、人によっては体の不調を感じることがあります。特に男性の場合はうつ的症状が表れやすいのが特徴です。 また、ストレスなどによっても男性ホルモンが低下したりホルモンバランスが乱れやすいため、日頃からストレスをためないような工夫が大事ですが、もしも不調が続くような場合は専門の医療機関を受診することが大切です。

現在では、男性の更年期障害を専門に治療している医療機関も増えてきています。更年期障害の症状は女性と同じく頭痛やのぼせ、発汗など人によって様々ですが、意欲の低下や気分の落ち込みなどうつ的症状を発症する人も多くいます。 男性の場合は、40代を過ぎたころから男性ホルモンが減少し始めるので、それと同時に身体の不調を感じる人も増えてきますが、男性の更年期障害の認知度が低いために医療機関を受診する人が少ないのも現実です。 しかし、そのまま放置しておくとうつ症状も悪化していく可能性があり、仕事や日常生活に影響が出てしまう可能性もあるので医療機関での適切な治療が必要です。 更年期障害の治療は、症状に合わせてホルモン補充療法などが行われます。